ラブラドール・レトリーバーを飼いたい!

こんにちは。動物が好きという人は非常に多いと思いますが、その中でも、ワンちゃんの人気はトップクラスということができます。犬種によって性格は様々ですが、ワンちゃんの多くは、「人懐っこい」「従順」「素直」といった特徴を持っています。上手な関係性を構築することができると、とても良い家族の一員となります。ここで、人気の犬種を実体験をもとに紹介しますので、是非ともワンちゃんを飼いたいと思っている人は参考にしてくださいね。

やっぱり人気、優しい顔立ちのラブラドール・レトリーバー

性格

温厚で人懐っこく、とてもカワイイやつです。見た目にも癒されますよ。垂れ下がった耳と目が何とも言えません。優しすぎるので、気性の荒い犬とは相性が悪いです。体重5kg位の小さい犬に吠えられると、めんどくさそうに距離をとって近づきません。でも、その性格のおかげで近所でも人気者です。

スポンサーリンク

体格

大型犬に分類されており、がっしりとした逞しい体つきをしています。体重は25kg位が平均とされています。大きいと30kgを超えることもあります。ちなみに、ぼくの家のラブラドールは36kgあり、獣医さんには「決して太ってはいないよ。単に個性として大きいので、健康的に問題はありません。」と説明を受けたので、ホッとしました。

注意点

注意するとすれば、大型犬の力ということになります。いくら優しくて温厚であっても、物陰から猫や鳥が飛び出すと、急な反応をします。その時の力が強いのなんので、家族でも女性陣は散歩に連れて行こうとしません。きちんとしたしつけを行える方であれば、急な反応をしないようにすれば問題はありません。その能力は十分備えています。何といっても、介助犬の代表として名前が挙がるほどの実力者ですから。また、人間のことが大好きで、かまってほしくて無駄吠えをすることがありますので、その訓練も忘れずに行う必要があります。ぼくの家のラブラドールは、畑で仕事している近所のおじさんを見つけると、こっちへ来いと言わんばかりに鳴いて、おなかを撫でてもらっています。その他はとても静かなんですが。

スポンサーリンク

まとめ

ラブラドール・レトリーバーは、ぼくの家の歴代犬種のなかでも、1,2位を争う飼い易さということができます。でも、体の大きさからくる力強さには注意が必要です。犬用の一番太い鎖でも、定期的に点検しなければ引きちぎってしまいます。なので1本がちぎれてもいいように、もう1本を添わしています。じゃれて飛びつかれでもすると、女性や高齢者は転倒してしまう危険性があります。こうした注意点を十分に理解したうえで飼うとすれば、ラブラドール・レトリーバーは間違いなく素晴らしい家族の一員となるでしょう。

スポンサーリンク

補足

あと、ラブラドール・レトリーバーを屋内で飼っている人も多いのですが、大きさゆえに屋外に比べしつけの難易度が高くなる印象を持っています。なので、もしマンション等の屋内で飼おうと計画している人は、事前に多くの情報を得ることをお勧めします。ぼくの家のように田舎で田んぼしかないような環境であれば、屋内がダメでも屋外に移動することができますから。