Google Publisher Toolbar の「このコードをコピーし・・・」が出た時の対処法

今回は、グーグルアドセンス利用者に欠かせない「Google Publisher Toolbar」についてお話ししたいと思います。

記事内に貼り付けた広告がきちんと表示されているかどうかを確認する際には、誤って自己クリックをしてしまわないように十分注意する必要がありますよね。

この「Google Publisher Toolbar」の広告オーバーレイ機能をONにすると、広告に緑色のフィルターというかカバーというか、何にせよ「広告をクリックできない状態」にしてくれるのです。

なんと便利な機能!しかもアドセンスの収益状況などもチェックできるというではありませんか。

これは絶対に導入しなくてはならないと思い即実行してみました。

するとどうでしょう。

「このコードをコピーし、アプリケーションに・・・」となりその先に進めなくなりました。

困った!!

「Google Publisher Toolbar」が有効だと、下の赤矢印のようにGoogle Chromeの画面右上の稲妻マークとでも言いましょうか、青色になるわけなんです。

しかし、僕の場合は「このコードをコピーし、アプリケーションに・・・」となり、稲妻マークは灰色のまま、、、

色々調べ有効であると考えられている措置を実行しました。

例えば、上の画像にもある右端の三つの点々から、「その他のツール(L)」→「拡張機能」→「Google Publisher Toolbar」以外の拡張子をオフにしてインストールするということなどです。

青色のこうしたボタンがありますが、これを

という風にオフにするわけです。

一度アンインストールして、他の拡張子をオフにして再度インストールしたりと色々やってみました。

スポンサーリンク

それでもだめでした。

こうなると諦めようかとも思いましたよ。実際。

しかし、頑張ってみるものですね。

諦めずに続けていると、なんと有効化に成功したんです!

嬉しかったですね。

それでは、その方法を紹介したいと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

その方法とは、「F5キー」を押すだけなんです。

「F5キー」とは、ウィンドウ等の表示を最新の状態に更新する機能です。

こんな簡単なことで解決したわけなんです。

費やした時間は、3時間程度ですが非常に長く感じました。

翌日に持ち越したことも長く感じた要因の一つと言えます。

ここで注意してほしいのが、絶対に解決する方法ではないということです。

使用しているパソコンやアプリなどの関係性もあると思います。

「Google Publisher Toolbar」の有効化に悩まされている人のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク