資産運用の話

みなさん資産運用していますか?

将来に対する不安が昔に比べ上昇しているように思います。

ぼくは、銀行預金の利率や人口減少と公的年金の関係など不安要素がたくさんあり、出来るだけ安定的に資産を増やすように心掛けています。

今現在は、FXでの運用を中心としています。

一昔前は、FXと言うとちょっと怖いと言うイメージがありましたが、勉強をすると健全な投資の手段ということがわかりました。

ぼくの周りでは、FXや株は怖いのでコインランドリーや太陽光ソーラー事業に着手している人がいます。

その人からは、たまにこう言われます。

「大損せんうちに止めたら??」

まぁ、勉強してない人からすればこんなもんです。

ぼくからすれば、初期投資が何百万円も必要で、事業開始から5~10年は利益を借入れ返済に回して、実際の利益を得るのは5~10年後からなんて、

「そっちの方が断然怖いわ!」

って、言い返していますよ(笑)

FXでは100万も資金があれば、安定的な資産運用が可能なのにね。

要は、リスクを理解して回避するような方法が一番なんです。

ぼくは彼らの選択をどうこう言うつもりは全くありません。

彼らのように、資金が潤沢であれば彼らの選択は正しいのでしょう。

ぼくのように資金に制限がある者では分からない理由があるのかもしれません。

スポンサーリンク

ただ、ぼくは羨ましく思っています。

何百万円も資金があれば、FXにおいては相当有利で安全に立ち回れますからね。

まずは、月々の定額積立と複利運用で資金を増やしつつ、日足チャートで安全な範囲を確認しながら両建て戦略とスイングトレードという基本スタンスで頑張りたいです。

まずは、安全第一ですね。

「よく〇〇円儲かった!」

などという話を耳にしますが、逆に同じ額を損する可能性もあります。

収益と同額の損失の可能性ということですね。特に、短期で結果を出そうとすればするほど、そのリスクは高まります。

特にぼくのような駆け出しの投資家は、長期的なスパンで考えなくてはならないと常々考えています。

スポンサーリンク

なぜなら、世界中の大企業や機関投資家の持つ情報網には量と質ともに足下にも及びません。

こうした不利な状況を少しでも改善するには、長期という考え方が欠かせません。

移動平均線も長期になるにつれて、いわゆる「ダマシ」も少なくて、緩やかな上下の波が描かれていますよね。

こうした波に逆らわずに、上手に乗っていこうということです。

さいごに、記事内容は個人的な私見によるものとなります。したがって、収益や損失について責任は負いません。投資は自己責任、自己判断で行ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする