性格を正確に判断して良好な人間関係を築こう

一般的な社会生活を過ごすためには、多かれ少なかれ自分以外の人と関わり合うことが必要になってきますよね。

「いや、人と関わり合うことなく生活できてるよ!」という人には関係のないお話になります。

なので、「人付き合いが必要なんだけど、難しいんだよな~」という人はご一読ください。

ここでは、上手に人と関わり合うために必要になる「相手の性格を理解する」ことについて解説します。

ぼくの経験を踏まえての内容なので、効果には個人差がありますが、実践的に得られた考え方として認識しています。

性格

性格の重要性

人との関わり合いを円滑に行うためには、相手の性格を理解することが重要となります。

皆さんの周りはどうでしょうか?

よく遊んだり、一緒にいて心地よい家族、友達、同僚の性格は理解していませんか?

多くの場合、良好な人間関係を築いている人は、お互いに性格を理解し合っていると思います。

よく価値観が一緒とか好き嫌いが一緒ということが、良好な人間関係の前提とされています。

しかし、そんなことを言っていたら社会生活を行うことはできません。

なので、「相手の性格を理解する」ことが重要なのです。

スポンサーリンク

人付き合いが苦手になる原因

「相手の性格を理解できていない」ということが、原因の多くを占めています。

自分の中に基準と許容範囲があって、それを超した言動が対人的なトラブルの引き金となることが非常に多いのです。

例えば、同僚や年下の人に呼ばれた場合に手招きをされたとします。

ここで、呼ばれた側がそうした手招きを無礼と考え、絶対に行わない基準としていた場合にはどうでしょうか。

トラブルにならないとしても、嫌いな要因として積み重ねられていきますよね。

性格を理解する必要性はここで重要になります。

この場合、どちらか一方を悪いとすることはできません。

なぜなら、手招きした側は手招きを自分の基準と許容範囲に収まる行為と考えているからです。

このように、相手を理解しようと考える気持ちを持つだけで、生じる感情も異なってきます。

する側とされる側の基準が異なっている以上、発言や行動の善悪を決めることはできません。

法的に違法である場合は善悪を決めることができますが。

スポンサーリンク

行動の改善

相手に行動の改善を求める場合には、まず自分の行動を改善することから始めましょう。

ぼくの場合は、無視することで大きな改善に成功しました。

ニコニコと相手の話を傾聴し否定せずに対応することが自分のスタンスでした。

しかし、相手は人の話には「いや、違う」と必ず言う挑戦的なスタンスだったのです。

こうした相手に、当初のスタンスで対応していたら、態度はますます横柄になり攻撃的なものとなりました。

ここで、ぼくは相手の性格を理解することができました。

そして、相手の言動の原因は自分にあると考えスタンスを変更することにしたのです。

少しでも不快な言動はとりあえず無視することにしました。

話しかけられ無視することができない場合には、否定的な返答のみを行いました。

効果

相手も行動の変化を察知したのか、徐々に言って良いこと悪いこと、やって良いこと悪いことを探り始めました。

そして、互いに性格を理解し合うことができたので現状は良好な人間関係を保てています。

スポンサーリンク

まとめ

良好な人間関係を築くためには、

1.相手の性格を理解する。

2.相手に行動の変化を求めるにはまず自分の行動を変化させる。

3.原因は自分にあると考える。

4.自分の性格を理解してもらう。

5.善悪を決めない。

が重要になります。

ここで解説した内容は、あくまで個人的なものとなります。参考の一つとしてお考え下さい。

人間関係で悩んでいる人のお力になれたら幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする