初心者がパレートの法則を有効活用する

きすけです。みなさん、パレートの法則をご存知ですか?

パレートの法則とは

簡単に言うと、世の中の多くは8:2の割合で構成されているという考え方です。

具体的な例をもとに考えてみたいと思います。

資産の割合

世の中のお金の8割は2割の高所得者が所有し、2割のお金を8割の一般庶民が所有していると考えられています。

働きアリの割合

働きアリと聞くと、群全体でせっせと働くイメージがあります。

しかし、実際にしっかりと働いているアリは全体の2割と言われています。

2割のアリがせっせと働いて、8割のアリの食糧を調達しているのです。

ちなみに8割のうち6割のアリはボチボチ働き、2割のアリはボーっと何もしないということが分かっています。諸説ありますが。

スポンサーリンク

もっと面白いことがあります。2割の働きアリだけで群れを構成すると、自然に先ほどの2割、6割、2割の役割分担になるのです。

不思議ですね。

必要なものの割合

一般的な生活において、必要なものと不必要なものとに分類すると、必要なもの2割と不必要なもの8割になると言われています。

仕事の成果の割合

仕事の成果の8割は費やした時間の2割で生み出されているとされています。

効率化、効率化と言われる意味が分かりますね。

売上の割合

全売上の8割は全従業員の2割から生み出されている。

故障の割合

故障の8割は全部品の2割が原因であると考えられています。

スポンサーリンク

といったものがパレートの法則が最も当てはまる事例の一つとして考えられています。

ここからは、ぼくがパレートの法則を個人的に考えてみたいと思います。

あくまで個人的なパレートの法則

資格試験の競争率

真の競争率は受験者数の上位2割以内に入ることができるかどうかであると考えています。

その上位2割のなかで勝ち抜いて合格を手にしなくてはなりません。

合格率が20%を超えている場合でも下位80%の受験者数に含まれると合格が危ぶまれると思います。

努力している人の数

人間に限らず動物は自分の好きなことをする、即ち本能的に怠けてしまうものです。

人間に備わっている理性や向上心が強ければ、本能に打ち勝ち多くの努力をすることができると考えています。

これもパレートの法則を当てはめると、本能に打ち勝ち努力できるのは全体の2割くらいと言えるのではないでしょうか。

勝ち負けの確率

勝ちか負けかを言うとすれば勝率は5割です。

しかし、安定的な勝ちを得られる人は2割程度で、後の8割は確実性のない勝ちを期待するにとどまると考えられます。

スポンサーリンク

さいごに

パレートの法則はあらゆる分野で利用されている信ぴょう性の高い法則と考えることができます。

なので、パレートの法則を意識しつつ日常生活を送るだけで、違ったものの見方が可能になりますね。

毎日をちょっとでも有意義に過ごすために、パレートの法則を取り入れることは非常に効果的だと考えています。