高知県立のいち動物公園に行ってきたよ

こんにちは。3月に入って気候も良くなってきたので、高知県にある高知県立のいち動物公園に遊びに行ってきたよ。

今回で3回目の利用になるんだけど、いつ来てものんびりと楽しく過ごしてます。

高知県に遊びに来ると、どうしても立ち寄ってしまうのいち動物公園の魅力について、あくまで個人的に解説してみたいと思います。

のいち動物公園の魅力

環境

まずは、駐車場を始め園内は非常にゆったりとしています。3回の来園全てにおいて、ものすごい混雑に直面したことはありません。

なので、ストレスなく遊びに来ることができます。

ここ重要ですよね?

渋滞や混雑に巻き込まれてイライラするなんて、もったいないの一言です。

スポンサーリンク

入園料

大人ひとり460円というリーズナブルな設定から、さらにJAFの会員証や団体割引を利用すると100円割引してくれます。

あと、僕がビックリしたのが、18歳未満・高校生以下が無料ということです。

他にも、お得な割引情報は公式ホームページで確認してくださいね。

高知県立のいち動物公園公式サイト

飼育スペース

十分な面積を確保しているので、動物たちはより自然にのびのびと生活しています。

ぼくが、のいち動物公園で飼育されている動物だとしたら嬉しいですね。

スポンサーリンク

距離感

お客と動物の距離が近いですね。

なので、この距離感じゃないと分からない事っていうのもあると思います。

逆に、「ここから脱走できるんじゃないか!?」と心配になるくらいの距離感というか雰囲気です。

また、動物園特有のにおいがまったく気にならなかったということに驚きました。

清掃が行き届いているのでしょうね。

ふれあい

こんな可愛らしいポストも発見しました。

残念ながら春だったので、協力はできませんでした。

思わず頬が緩むイベントですね。

次は、秋に来たいなという気持ちになります。

備品

子どもたちを連れて来園したんですが、ベビーカーを忘れてしまったんですね。

なので、天気も良かったんで子どもを抱っこしながら、ゆっくりと休憩しつつ園内を回ろうと思っていました。

でも、入り口ゲート付近でベビーカーのレンタルを発見!

そして、200円の有料サービスでしたが、迷わずレンタルしました。

また、あちらこちらに傘が設置されていて、ご自由にご利用くださいとありました。

ご自由にということなので、もちろん無料のサービスです。

急な雨には嬉しいですね。

スポンサーリンク

さいごに

このように、一般的な動物園とは少し違った楽しみ方ができる「のいち動物公園」。

その魅力を、言葉や文字だけで説明することは困難です。まだまだ、言い表せない魅力がたくさんあります。

高知県を訪れる際には、立ち寄るべき施設の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

あと、動物との距離が近いので、注意事項を厳守してお楽しみください。

ぼくも、また高知県に行くときには、忘れずにどんぐりを持って行きたいと思います。