宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッドを観る

みなさん、こんにちは。きすけです。早速ですが、言うことにします。

「やったぜ!!キュウレンジャーが観られる!!」

ということです。

待ってましたよ。2018年2月に最終回を迎え終了しましたが、とても良い作品だったためにもっと観たいという思いが強かったですね。

当初は、子どもが観ていたので、何気なく一緒に観ていましたが、話が進むにつれてストーリーに引き込まれて夢中で観ていました。

スポンサーリンク

近隣の大型ショッピングモールや行事にキュウレンジャーがショーにやって来ると聞いたら、子どもを連れて観に行きましたよ。

あるときは、ショーの後に撮影会も開催され、ちゃっかりと一緒に写真を撮ってもらいました。

こんな感じで、大人をも魅了するキュウレンジャー。

「面白そうだけど、テレビ放送観てないからどうしようかな~」なんて、心配している方もいるかと思います。

個人的には、ストーリーがしっかりしているので、劇場版のみの情報でも十分に楽しむことができると思います。

ここで、ぼく自身も復習を兼ねて振り返ってみますね。

宇宙戦隊キュウレンジャー

キャスティング

シシレッド ラッキー 岐洲匠
サソリオレンジ スティンガー 岸洋祐
カジキイエロー スパーダ 榊原徹士
カメレオングリーン ハミィ 大久保桜子
コグマスカイブルー 佐久間小太郎 田口翔大
ヘビツカイシルバー ナーガ・レイ 山崎大輝
オオカミブルー ガル cv中井和哉
オウシブラック チャンプ cv大塚明夫
テンビンゴールド バランス cv小野友樹
ワシピンク ラプター283 cvM・A・O
ホウオウソルジャー 鳳ツルギ 南圭介
リュウヴァイオレット ショウ・ロンポー cv神谷浩史

という感じです。

キャッチフレーズ

そしてそれぞれには、星座(スター)にちなんだキャッチフレーズがあります。

シシレッド(スーパースター)

サソリオレンジ(ポイズンスター)

カジキイエロー(フードマイスター)

カメレオングリーン(シノビスター)

コグマスカイブルー(ビッグスター)

スポンサーリンク

ヘビツカイシルバー(サイレントスター)

オオカミブルー(ビーストスター)

オウシブラック(リングスター)

テンビンゴールド(トリックスター)

ワシピンク(スピードスター)

ホウオウソルジャー(スペースバスター)

リュウヴァイオレット(ドラゴンマスター)

あらすじ

宇宙幕府ジャークマターに支配された88の星座系の宇宙を戦士たちが救うというものです。

子どもが楽しめるシンプルなストーリーですが、それぞれの個性やイベントの発生が物語を盛り上げます。

そして、それぞれ固有のキュウタマというアイテムを駆使して、特技を発動し自分の能力を高めるんですね。

この時使うキュウタマとセイザブラスターが子どもたちの注目の的になるわけです。

見どころ

個人的に「名乗り」がカッコいいですね。

それぞれがキャッチフレーズと名前を言いながら、決められたアクションを行うのが何回観ても飽きません。

例えばですね、

「トリックスター!テンビンゴールド!」と言いつつポーズを決めるんですよ(*’ω’*)

特にピンチだった場合に、仲間が参戦して形勢逆転するときにされると、「おぉ~!」と思わず言ってしまいます。たまに、何故か目頭が熱くなることもあります。

全員が名乗っていたら、その隙に攻撃されるだろ!なんて言ってはいけませんよ。

これが、盛り上げてくれるんです。

子どもたちも、この時ばかりは「頑張れ~!頑張れ~!!」と精一杯応援しますよ。

それでは気になるVSスペース・スクワッド編に移ります。

VSスペーススクワッド

ジャークマターのラスボスであるドン・アルマゲを倒し平和に暮らしていたキュウレンジャーのところに思いがけないニュースが飛び込んできます。

なんと、ハミィ(カメレオングリーン)がべリオンを襲撃し、ネオキュウタマを奪取するんですね。

そして、宇宙連邦大統領であるツルギがハミィを指名手配することで、かつての仲間たちと対立するドラマが描かれているようです。

スポンサーリンク

「いっ、一体ハミィに何があったんだ!!」

全く予想ができん!気になる。

とにかく、一体いつになったら観ることができるんだ!?

劇場公開日

2018年6月30日

DVD&ブルーレイの発売予定日2018年8月8日に先駆けて公開されることだそうです。

さいごに

宇宙繋がりで、宇宙刑事ギャバンと宇宙刑事シャイダーの登場もあるようです。

小さい頃に観ていたヒーローですが、幼すぎて記憶の片隅にしか存在していません。

なので、こちらについても興味が湧いてきます。