FX初心者が教えるFX~トレード編~

FX初心者のトレード法

こんにちは。FXで資産運用を始めてから、ようやく初心者の域を脱したかなと感じるようになりました。

なぜ、そう感じることができるようになったかを記したいと思います。

ぼく自身、初心者マークが外れるきっかけは、勝率が上がって経験年数が豊富になることだとぼんやりと考えていました。

でも、今となって思うことは考え方と姿勢の変化が一番重要なのかなと考えています。

短期より長期

短期より長期トレードの方を重視することを優先し、トレードスタイルを変化させることができました。

以前は、FXはチャートと睨めっこしながら、分あるいは秒単位で収益を上げていくものと考えていました。

しかし、今は1日に1~数回の頻度でチャートをチェックする位でトレードしています。

決済注文は主に成行で行っていますが、新規注文は殆どが逆指値注文です。

なので、リラックスしたトレードが可能となっています。

スポンサーリンク

損失の固定

当初は、短期トレードを行っていたので損切を重視していました。

しかし、現在は長期のスイングトレードがメインであるため、損切という考え方ではなく両建てで損失を固定しながら、そのなかで収益を積み上げています。

損切の設定や損失の固定は、精神的な安定に有効です。

特に、両建て戦略による損失の固定は、土日における相場の急変に影響するニュースにも有効と考えています。

リスクの管理

「損失を決める」ということはすごく大事なことです。

ぼく自身は、損切設定はせず両建てにおいて「損失を固定する」というリスク管理を行っています。

多くのトレーダーは損切設定をするなど、様々な方法でリスクを管理しているのです。

小さく負けて大きく勝つ

有名な損小利大ですが、タイミングが難しいということができます。

チャートを見返して、「ここでエントリーして、ここで利食いがベストだな。」と結果論を唱えることは簡単ですが、タイムリーにその判断は非常に難しいというのが実感です。

なので、ポイントポイントに逆指値新規注文を入れ、決済注文のタイミングだけ見計らっています。

ピンポイントで小さく負けて大きく勝つとまではいきませんが、負けが小さくなり勝ちが大きくなるタイミングを計ることができています。

時間に縛られない

ここは重要ポイントでした。個人的にはですが。

チャートを見る回数と勝率は反比例した結果でした。

スイングトレードを採用し、FXというよりかは外国為替預金を行っている感覚です。

でも、このスタイルのおかげで成績はずいぶん改善されました。

チャートを見ない

時には2,3日見ないことだってあります。

始めた当初は、早く利益が欲しいので頻繁にチャートを見ては、新規注文と決済注文を繰り返していました。

大した知識や技術を持っていないのに、トレード回数を増やせば勝率はどんどん下がってしまいます。結果はいうまでもないですよね。

スポンサーリンク

さいごに

現状では日足を採用したスイングトレードでの両建て運用が効率的です。

もともと、資産運用の一つの手法としてFXを採用しました。

なので、コツコツ積み立て型の戦略と言えます。

今後も、可能な限りリスクを抑えたトレードを心がけていきます。

あと、FX取引は自己責任のもと行ってくださいね。あらゆる情報が溢れていますが、最終的には自分で判断しましょう。

スポンサーリンク