FX初心者が教えるFX~基本編~

こんにちは。きすけです。最近は資産運用に関するハードルが下がってきたような風潮がありますね。

書店では、たくさん資産運用関連の書籍が並んでいます。

以前は、資産運用と聞くと経済のプロが専門的な知識と技術を駆使して大きな利益を狙っているものと考えていました。

しかし、一般的に多くの資産運用関連の商品を目にしたり、財テクという言葉をよく耳にするようになりました。

それと同時に、初心者向けのサービスや商品も増え、非常に参入しやすくなっているなぁと感じています。

ぼく自身は、主にFXという分野で資産運用を行っています。

以前は、ほとんどのFX業者が最低取引量を10.000通貨としていました。

この10.000通貨という数量を簡単に説明すると、1円の値動きで10.000円の増減が実現するということです。

例えば、アメリカドルと円の通貨ペアだとしましょう。

1ドル100円で買いポジションを10.000通貨持ち、その後1ドル101円へと円安ドル高が進むと+10.000円ということになります。

この最低取引量が、1.000通貨単位、100通貨単位あるいは1通貨単位とハードルが下がっているのが現状といえます。

なので、少ない資金での実践的な資産運用が可能となっています。

少額資産運用

ぼく自身はFXというものを、リスク管理下に置かれた優秀な資産運用として捉えています。

なので、レバレッジを可能な限り抑え安定的で長期的な戦略のうえで利用しています。

選択している手法

両建てという手法を用いています。

買いと売りという両方のポジションを持つトレード方法です。

両方のポジションを持つので、コスト的には不利となり賛否両論ありますが、ぼく自身には合っているトレード方法です。

両建ては買いと売りのポジション量が同じだと、利益あるいは損失が固定されるので急激な値動きが発生しても平常心を保つことができます。

ぼくのような初級・中級者にとって平常心を保つことは非常に重要なことだといえます。

通貨ペア

ユーロ円を採用しています。

理由は、

①1日の値動きが割と大きい

②取引量が多い

③スプレッドが狭い

④スワップ金利が低い

①、②、③の理由は当然なのですが、④は個人的な価値観によるところが大きいですね。

スポンサーリンク

ぼくは、スワップ金利が高いと、どうしてもプラス金利側のポジションを整理できないんです。

スワップ金利をあてにして、含み損が拡大しても保有し続けることで、いつかは利に転じるのではないかと考えてしまいます。

為替差益での収益実現を心がけています。

トレード方法

中長期のスイングトレードを基本としています。

両建て戦略には、短期より中長期的な運用が合っていると考えています。

あくまで、個人的な意見ではありますが。

トレードスタイル

1日で1~2回程度チャートを確認します。

1日に何回、何十回と確認していた頃より良い結果が得られているので、このままこのスタイルを継続する予定です。

さいごに

投資は自己判断で行ってください。

自分でリスクを理解しコントロールすることで、有意義な資産運用が可能となります。

様々な情報を集めることは非常に良いことです。

しかし、集めた情報はあくまで判断材料として、最終的な判断は自らの責任で行わなければなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする