FP技能士3級の難易度と勉強時間

きすけです。とりあえず、FPの入門である3級FP技能士検定に合格しました。

FP技能士3級

まあ、入門者用の検定なので特に自慢しているわけではありません。

これから、3級試験を受ける方の参考になればと、ぼくの経験を踏まえ解説したいと思います。

難易度

難しくはありません。ただ、当然ですが、勉強しなければ受かりません。

ぼく自身も、1回落ちています。3点足りませんでした。

そりゃ落ちて当たり前です。2日前から寝る前に読む程度の学習態度でした。

費用

学科、実技ともに3000円だったので、合計6000円必要でした。交通費や昼食代で別途3000円と、休日一日分の時間を費やしました。

本当に後悔しました。もったいないの一言に尽きます。

これから、FPの道に進もうとしている者の資金管理、時間管理とは到底思えません。

お金、時間を効率的に使うことができるようにプランニングするのがFPですよね。

スポンサーリンク

勉強時間

1日1時間程度の勉強時間を1か月確保しました。まあ、1回受験していて、雰囲気や出題の傾向がある程度分かっていたのが、功を奏したともいえます。

参考書

近隣の書店に置いてある適当な過去問題集を使いました。1級や2級となると参考書選びから始めるべきですが、3級では参考書よりもきちんと勉強するかどうかが合否に大きく影響します。

スーツの受験生

試験会場では、受験生の3割程度がスーツを着用していました。初めて受験したときは見慣れない光景だったので、集中力が欠けてしまいました。

スーツを着ていると、できるオーラが自然と出ているような気がしました。

スポンサーリンク

まとめ

普通に勉強すれば合格できます。なので、勉強できる環境を整えることが大事ですね。

ぼくの場合は、自分で受験を決めたのに勉強もせずに受験し、受験料の6000円を無駄にしたことがモチベーションの維持に大きく影響しました。

6000円って大きいですよね。

600円の日替わりランチを10回も食べることができます。

500円の温泉に12回も入浴することができます。

これから受験を考えている皆さん、怠けようとする自分に打ち勝って3級、2級、1級と合格を積み重ねていきましょうね。

スポンサーリンク