バレンタインデー指南書

こんにちは。みなさんはバレンタインデーをどのように過ごそうとお考えですか?

今回は、男性側からの体験談や意見をお伝えします。ご参考にどうぞ。

※一個人の見解なので参考の一つとしてお考えください。

バレンタインデーとは

ご存知の通り、2月14日バレンタインデーは、女性が男性に対しチョコレートを贈り、好意を伝える日とされていますよね。

バレンタインデーの多様化

また、好意を伝えるのではなく、義理チョコという形でお中元やお歳暮のような挨拶を行う風習も確立されてきていますよね。

さらにいえば、友達にあげたり自分にあげたりと色々なパターンが定着しつつあります。

もはや、チョコレートを食べる日と捉えたほうが良いのかもしれません。

ちなみに、これは日本独自の文化です。

スポンサーリンク

バレンタインデーの目的

まぁ、多様化するバレンタインデーですが、やはり目的の本筋は好意を伝えることです。

なので、男性はこの日を大なり小なり意識していると言えます。

バレンタインデーの影響

男性がこの日を楽しみにしていることは、9割9分間違いありませんが、その反面弊害もあります。

まず、男性はこの日の前後、自分でチョコが買えない!または、非常に買いづらいのです。

「見て見てあの人、誰もくれる人がいないから自分で買ってるわよ」なんて声が聞こえてくる気がするのです。

また、風邪をひいて休むことにも抵抗があります。

「誰もくれないからって仮病までしなくても」って聞こえてくる気がするんです。

貰えると絶対嬉しいもの

いかんいかん。本題に戻らねば。

バレンタインデーに貰えたチョコは、海外旅行に行く時のパスポートのような役割りを果たします。

1個でも貰えていたら大手を振って学校内や会社内を歩くことができます。

なので、チョコを渡したいけど勇気がない女性の皆さん!無責任なことは言えませんが、男性は義理だろうが本命だろうが嬉しいものなのです。

例外もある

めちゃくちゃモテた経験がないので、もしかしたら何十個も貰えるような人は、嬉しさは小さいのかもしれません。

なんと、贅沢な!

空腹は最高の調味料じゃないけど、貰える数が少ない人ほど嬉しさは大きいのかもしれません。

まぁ、逆に言えば、人気者のその他大勢に紛れてしまえば恥ずかしい気持ちなんてなくなりますし。

スポンサーリンク

注意すべき点

貰えば嬉しいものと言いましたが、注意が必要な場合もあります。

想いが強い場合

想いが強い場合には、事前の準備を怠ってはいけません。

いくら嬉しいとは言え、面識のない人から本命チョコを貰うと戸惑います。

本命チョコはある程度の関係性が必要になります。

友達の場合

ダメだった場合に、元の仲の良い状態に戻れるようにしなくてはなりません。

ボクシングでいうジャブで距離感を測って、ストレートを放つって感じですね。

自分のことをどう思っているのか、好きな人はいるのか情報収集を行いましょう。

もし、万が一ダメな要素があった場合には勇気ある撤退も戦略の一つです。

なので、義理チョコなのか本命チョコなのか分からないような含みを持たせたチョコを渡すのも良いかもしれません。

あれっ?もしかして。と思わせるだけでも成功です。

それ以降の頑張り次第で、友達から恋人候補に昇格する可能性も見えてきます。

まとめ

このようにバレンタインデーは、女性にとっても男性にとっても特別な日ということができます。

スポンサーリンク

意識が高まっている以上、好意を伝えるにはもってこいの1日ですね。

でも、あまり無鉄砲な行動は後々後悔することになるかもしれません。

なので、義理チョコか本命チョコか分からない、言うならば8割チョコで探るのが良いという印象があります。

あくまで、一個人の見解になりますので参考程度でお考えください。

それでは、良いバレンタインデーをお過ごしください。